社会地域への貢献

活動事例

ベトナム、ラオス、キルギスからの研修生が大阪王将研修センターと関西工場を見学しました

写真1
写真2

2006年12月6日(水)、財団法人太平洋人材交流センター(PREX)が主催する研修事業で、ベトナム、ラオス、キルギスからの研修生4名が大阪王将研修センターと関西工場を訪問見学されました。PREXという団体は、JICAなどの団体と連携を取りながら、アジア太平洋地域を主とする開発途上国との国際交流、研修事業などを行っている組織です。

研修事業の期間中は、4名の若い研修生が、様々な企業を訪問するという一連のカリキュラムが組まれているのですが、その中の「日本のサービス業における人材育成」の研修内容に、イートアンドが選ばれました。当日は、イートアンドの戦略や大阪王将の研修システムの説明、実際の餃子づくりの実践研修などが行われ、餃子の試食では、全員が日本語で「おいしい」を繰り返されていました。工場内も興味深そうに見学し、終始楽しそうに過ごされました。

海外からの研修生の訪問は、イートアンドでははじめてのことです。今後も餃子の素晴らしさ、奥の深さを世界中に伝えるべく積極的に活動していきたいと思います。