社会地域への貢献

活動事例

イートの日「夢の小学校建設プロジェクト」が始動しました

写真1
写真2
写真3

昨年の「愛のエコキャップ運動」に続き、今年、イートアンドでは「夢の小学校建設プロジェクト」に取組みます。
イートアンドでは、毎年11月10日を「イートの日」と定め、社会のお役に立てるような取組みをしていこうと、2007年からこういった活動をスタートさせました。

昨年の「愛のエコキャップ運動」では、社員やお客様だけにとどまらず、お客様のご家族や勤務先、ご関係各社など多くの皆様にご協力いただきました。中でも、弊社がカフェを出店させていただいている京都産業大学の学生さんからは弊社にお問合せをいただき、学生さん独自で「エコキャップ運動」を始められたということを聞き大変うれしく思いました。

さて、今年は「夢の小学校建設プロジェクト」に取組みます。
日本財団さんが行っている「夢の貯金箱」を通じて1年間で集めた資金を現地に送り、イートアンドの小学校を建てます。

イートアンドは、世界のあらゆる地域に住む皆さんに「おなかいっぱいの幸せを」感じていただくことを目指している会社です。それは、単に「食べる」ということだけではなく「学ぶ」ことや「語り合う」こと、「将来を夢見る」ことなど、たくさんのことを意味しています。そういった「幸せ」を一人でも多くの子どもさん達に味わっていただきたいと思っています。

今後、イートアンドでは、店頭に募金箱を設置しお客様にご協力を求めます。また、一部メニューを「夢の小学校建設プロジェクト」対象メニューとし、その代金の一部をプロジェクトの資金に充てるという取組みもしていきます。更に、定期的にフリーマーケットを行いその収益金も資金に充てようとも考えています。

イートアンドの皆さん、夢の小学校建設に向け、大いに頑張りましょう! すべては「おなかいっぱいの幸せ」のためにです。