社会地域への貢献

活動事例

イートの日「東北米粉麺復活プロジェクト」が始動しました

写真1
写真2
写真3
写真4

11月10日(木)、『東北米粉プロジェクト〜東北に大阪から元気もってきます〜』をテーマに、「イートの日」を開催いたしました。

「東北復興支援」としては、「Pray for Japan」に引き続いての第二弾となります。
例年の全社朝礼も行い、改めて気合いを入れてのスタートとなりました。
「イートの日」は、全員が仕事人の前に、「一社会人として社会に何を貢献できるか」を考える日でもあります。
例年の全社朝礼にて、そのことを全員が確認し、改めて気合いをいれて、プロジェクトがスタートいたしました。

<『東北米粉プロジェクト』について>
被災地である宮城県亘理町では、震災前までオリジナル米粉麺「伊達一門」が製造・販売されておりました。
今回のプロジェクトは、震災によって中止となった、オリジナル米粉麺の復活を目的としたものです。
そのための資金は、「イートの日」と3月に亘理町で開催予定の「まるごとフェア」にて得たものでまかないます。
「イートの日」に引き続き、「まるごとフェア」へもイートアンド全社一丸となって、頑張ってまいります。