社会地域への貢献

活動事例

中央アジア日本センター講師研修

写真1
写真2
写真3
写真4

2月22日(水)、中央アジア3カ国(ウズベキスタン・キルギス・カザフスタン)より18名の研修生がビジネス研修の一環で関西工場を訪問されました。
これは、「独立行政法人国際協力機構(JICA)」からの委託を受け、「財団法人太平洋人材交流センター」が行っているものです。今回は現地日本センターでマーケティングや人材育成管理を担当されている現地講師の皆さんが来日され、数週間で日本国内の企業や団体を訪問・視察されたようです。
イートアンドでは、この取組みへの参加はほぼ毎年恒例となっております。

内容は『講義・工場見学・餃子巻き体験・餃子試食』。
講義は「当社のフランチャイズシステムやマーケティング」「当社の人材育成制度」に関する説明で、前者は取締役執行役員 王将営業本部長の植月が、後者は研修・教育担当の吉岡が講師役をつとめました。
餃子の試作シーンでは「現地の餃子」と「大阪王将の餃子」との違いを教えていただき、試食では楽しく美味しく「大阪王将の餃子」を味わっていただきました。
今回は通訳の方など含め、総勢21名と大勢だったこともあり、終始賑やかな雰囲気のまま研修が無事終了いたしました。
最後にはその場にいた工場スタッフにもお土産をいただき、温かい心遣いに感動いたしました。
改めて海外交流の素晴らしさを感じることができました。