IR情報

コーポレート・ガバナンス

関連資料

基本方針

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、企業価値を高めるため、経営の健全性・透明性を確保し、社会からの信頼の確保に努めるものです。その実現のため、経営組織体制を整備し、さまざまな施策を実施しています。

コーポレート・ガバナンス体制の概要

取締役会は、取締役7名で構成されており、経営戦略や経営計画等の意思決定および取締役間の相互牽制による業務執行の監督を行う機関と位置づけ運営されております。原則として、取締役会は毎月1回開催される定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、経営判断の迅速化を図っております。
また、当社は監査等委員会設置会社であり、監査等委員会は、監査等委員である取締役3名(うち社外取締役2名)で構成されております。監査等委員である取締役は監査の独立性を確保しながら、取締役会やその他社内会議に出席し、取締役の業務執行を監督するとともに、監査等委員会を開催し、監査情報の共有を図り、リスク管理・コンプライアンスを監視できる体制をとっております。

コーポレート・ガバナンス体制図