ごあいさつ

代表取締役会長CEO 文野直樹

「+&」を今までより更に広く

「おなかいっぱいの幸せ」

物理的な満足感だけでなく、幸せな食のシーンそのものの提供。
これはいままでEAT&が生み出し、社会に提供してきた大切な価値観です。
創業から今日まで培ってきたこの価値観を土台に、EAT& はさらに包括的な目標へ向かおうとしています。

例えば

  • 「おなかいっぱいの幸せ、それを持続可能にする社会。」
  • 「おなかいっぱいの幸せ、その多様性を受け入れ広げる社会。」
  • 「おなかいっぱいの幸せ、正しい食の教育があり、健康的な社会。」
  • 「おなかいっぱいの幸せ、働き手の環境が公平で質の高い社会。」

など、
ホールディングス体制へ移行することで、
おなかいっぱいの幸せ + &
を今まで以上に個々が考えていく土台をつくります。

社会的課題への解決に対して関わりをもつ企業であり続けるとともに、今後も人間味を重視した食のプロ集団への道を進んでまいります。
大きな変化が続く世界の中で「食」を再定義し、グループ内で相互補完しつつ相乗効果で企業価値の最大化を目指します。

代表取締役会長CEO
文野直樹