新着情報

~大阪王将に糖質カットメニューが登場!いつものメニューを健康的に~
「緑黄色野菜の天津飯」など10月下旬より順次販売開始

2017/10/25

イートアンド株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都品川区 代表取締役社長:仲田浩康)は、餃子専門店「大阪王将」において、糖質を抑えたメニューを今秋のグランドメニューに導入し、販売開始いたします。
 
大阪王将 糖質カットメニュー
※このメニューは東日本エリアの内容です。
 
販売開始日 西日本エリア2017年10月下旬より順次販売開始
東日本エリア2017年11月上旬より順次販売開始
販売店舗 全国
※一部取り扱いのない店舗がございます。
※販売店舗については、お手数ですがお近くの店舗までお問い合わせください。

商品概要

商品名 「緑黄色野菜の天津飯」
販売価格 790円(税込)
商品特徴 厚生労働省が推奨する1日分の摂取量120g分の緑黄色野菜使用。
糖質 40%カット(「ふわとろ天津飯」比)
糖質 48.1g
食物繊維レタス2個分
※西日本エリアは「緑黄色野菜の天津炒飯(890円税込)」も販売。
緑黄色野菜の天津飯
緑黄色野菜の天津飯
 
商品名 「シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン」
販売価格 890円(税込)
商品特徴 シャキっと炒めた野菜にしらたきのつるっとした食感がベストマッチ!
糖質 90%カット(「大阪ちゃんぽん麺」比)
糖質 1.9g
シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン
シャキシャキ野菜のしらたきチャンポン
 
商品名 「糖質カット五目炒飯」
販売価格 590円(税込)
商品特徴 ご飯の一部をあらびき鶏ミンチに。がっつりだけど糖質カット!
糖質 50%カット(「五目炒飯」比)
糖質 41.3g
糖質カット五目炒飯
糖質カット五目炒飯
 

※(株)アルプ 食の安全研究所調べ
※食物繊維はレタス1個あたり400gとして算出。


◎開発の背景
 
開発の背景
≪大阪王将のメニューは、美味しいだけじゃない!≫
「美味しいビールと餃子で大満足!」もいいですが少しだけ糖質が気になる・・・というお客様のために、糖質を抑えたメニューをご用意いたしました。
大阪王将の女性による商品開発チーム「デリシャス・インベンション・プロジェクト(DIP)」の管理栄養士監修。時代のニーズを捉えた健康的な食生活を応援します。
いつものメニューを健康的にお楽しみください!
 

■大阪王将について
1969年、大阪の京橋で創業。現在、日本国内で355店舗(2017年6月末時点)を展開する餃子専門店。
2012年より「食後のニオイが気にならない餃子」を発売。都市部ではモダンな店内装の店舗を展開し、男性はもちろん、女性にも受け入れられる店舗作り、時代の変化やお客様のニーズに対応すべく様々な取組みを行っています。
(大阪王将ホームページ:http://www.osaka-ohsho.com/
 
 

一覧ページに戻る