プレスリリース

~サンゴ礁再生事業支援協力 締結式において、サンゴ礁を守るための活動に調印~
大阪王将が“もずく基金”を通じて沖縄県恩納村のサンゴ礁を守り育む活動を応援!

2020/11/18

 株式会社イートアンドフーズ(東京ヘッドオフィス:東京都品川区 代表取締役社長:仲田浩康)は、「大阪王将」の生協用商品において、
2020年4月6日(月)より販売を開始している「大阪王将 沖縄県恩納村産もずく入りぎょうざ(12個入)」を通じ、“もずく基金”へ寄付する取り組みを行っています。
またこのたびコロナ禍で延期していた『サンゴ礁再生事業支援協力 締結式』において、2020年11月2日(月)、サンゴ礁を守るための活動に正式に支援協力をする旨の調印をいたしました。

【もずく基金について】
コープのもずくの産地、沖縄県恩納村のサンゴは、1998年と2001年の海水温の上昇により、大きなダメージ(白化現象と呼ばれるサンゴの死滅)を
受けました。
命を育む海を未来にわたって保全するために、中国地区5会員生協とコープ
かがわの組合員が対象商品を利用することによって基金を積み立て、サンゴを養殖し、恩納村の海のサンゴ保全に役立てています。

■コープCSネットWEBサイト
https://www.csnet.coop/mozuku/

【SDGsの取組み】
国連で採択された2030年までの持続可能な開発目標である「Sustainable Development Goals」にある17のゴールのひとつに目標14「海の豊かさを守ろう」が掲げられています。
当社は「大阪王将 沖縄県恩納村産もずく入りぎょうざ」の販売を通して、沖縄県恩納村のサンゴ礁を守り、海の豊かさを守る活動に貢献してまいります。

【商品概要】
・商品名:大阪王将 沖縄県恩納村産もずく入りぎょうざ(12個入)
・発売日:2020年4月6日(月)
・価格:オープン価格 
・発売エリア:
 西日本:生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合
生活協同組合コープしが、京都生活協同組合
沖 縄: 生活協同組合コープおきなわ
・商品特徴:
具材には、沖縄県恩納村産もずくを15%配合。国産鶏肉を使用し、もずくに合うしょうがとお酢を入れ、さっぱりとした味わい。化学調味料、ニンニク不使用。もずくの美味しさを引き立てる味付けで、素材を活かした美味しさが特徴です。スープに入れても美味しく召し上がっていただけます。

一覧ページに戻る