プレスリリース

~コロナ禍でも安心して食事していただける店舗へ~
大阪王将オリジナルの光触媒「キングバスター」が新型コロナウイルスを99.99%無害化

2021/01/19

 株式会社大阪王将(東京ヘッドオフィス:東京都品川区 代表取締役社長:植月剛)は、光の力でウイルスや菌を分解除去する大阪王将オリジナルの光触媒
コーティング「キングバスター」を開発し、同技術が、奈良県立医科大学の研究により、新型コロナウイルスを99.99%無害化することが立証されました。
太陽光線のみならず、店内の蛍光灯やLEDなどすべての可視光線の照射により、30分で80.55%、3時間で99.99%と、新型コロナウイルスの感染価の減少が
確認されております。
 キングバスターは2020年6月19日(金)にオープンした大阪王将長堀橋店を皮切りに、2021年1月19日(火)現在で大阪王将直営店を中心に全国約40店舗にて施工済で、順次他店舗への導入を図っております。

 昨今、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、飲食店での食事を懸念されがちですが、キングバスターの施工により、店舗での接触感染リスクを大幅に抑えることが可能となりました。また、飛沫感染リスクにつきましては、引き続き、席間の確保、パテーションの設置、スタッフの体調管理などの徹底と、お客様にマスク着用などのご協力をいただくことにより、安心してお食事していただける空間を提供してまいります。
 このような厳しい環境下だからこそ、お客様に今まで以上に安心して食事を楽しんでいただける、地域に愛される店舗づくりに取り組んでまいります。

■「キングバスター」について
 酸化チタンに光が当たることにより、活性酸素という有機物を分解できるラジカルパワーが発生されます。
その活性酸素が菌などの有機化合物と接触することによって構成物質を酸化させ、水と二酸化炭素などに分解することが可能となります。太陽光だけでなく、蛍光灯・LEDライトでも効果を発揮します。また照明が当たらない夜間も菌をしっかり吸着させ、光が当たったときにウイルスや菌・においの元を分解する
ことで、24時間効果が持続します。(※施工後の効果は10年間持続します。)
キングバスターでコーティングを行うことで、ウイルスの感染拡大防止だけでなく、花粉症対策、防カビ・消臭にも効果的です。
 菌の死骸まで残さない、全く新しい光触媒コーティング剤を使用することで、環境に優しく、コロナ禍でも安心してご飲食いただける、より地域の皆様に
愛される店舗運営が可能となりました。

■キングバスターの効果(各試験機関においての試験結果)
 大阪王将オリジナルの光触媒「キングバスター」を用いてコーティングしたガラス板に新型コロナウイルスを接触させたところ、0.5 時間の接触で
減少率80.55%、1 時間の接触で減少率94.88%、3 時間の接触で減少率99.99%へと感染価が減少しました。
その他、ノロウイルスや大腸菌O-157でも、下記表の通り一定時間経過後にはウイルスや菌が検出されないという結果が出ております。
またキングバスターは食品衛生法の食品添加物基準をクリアしていますので、店内飲食においても安心してご利用いただくことができます。
※空間に浮遊しているウイルスへの効果については検証を行っておりません。


■施工前後の様子

ATP表面洗浄度レベル(RLU)ATP検査合格基準例
ATP(アデノシン三リン酸)とは、生物が必ず持っている化学物質で、細菌等の汚れがあればそこには必ずATPが存在しています。
施工後はこのATP量が下がり、病院内の蛇口・洗面台と同等レベルの「とても清浄」になりました。

■大阪王将について
1969年9月、大阪の京橋で創業。現在、日本国内で352店舗(2020年9月末時点)を展開する餃子専門店。
創業以来の看板メニュー「元祖焼餃子」を中心に、質感の高い中華逸品をカジュアルな価格で提供しています。
2019年9月に創業50周年を迎え、これからは「この街の味」を合言葉に、「地域に暮らす全てのお客様」にもっと元気に、もっと笑顔になっていただけるよう「この街の食を支える活力の源」となるとびきりの一皿を提供してまいります。
 
・大阪王将公式サイト:https://www.osaka-ohsho.com/
 

一覧ページに戻る