プレスリリース

~贅沢な秋の味覚を一品香で~
秋限定の「たっぷりきのこの贅沢たんめん」と上海蟹メニューを販売!
リニューアルしたグランドメニューも必見

2021/09/28

 昭和30年創業の「横濱一品香」を運営する株式会社一品香(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:鳥生恒平)は、横濱たんめん発祥の店「横濱一品香」において、2021年10月1日(金)より、秋の季節限定フェアを実施いたします。フェアメニューとして、1日分の推奨野菜摂取量350gのきのこ・野菜が入った「たっぷりきのこの贅沢たんめん」と、中華料理の秋の味覚を代表する食材『上海蟹』を使用した「豆腐の上海蟹煮込み」「上海蟹ショーロンポー」「上海蟹のあんかけちゃーはん」を販売いたします。
 また、9月24日(金)にはグランドメニューをリニューアルし、幅広い世代のお客様に楽しんでいただけるメニューも拡充いたしました。横濱一品香は今後も、伝統の味を守り続けると共に、新しい横濱中華の創造にも力を入れてまいります。ぜひこの機会にご賞味ください。
 
■秋のフェアメニュー概要
 
 
【左】たっぷりきのこの贅沢たんめん(税込990円)
元祖たんめんに、たっぷりのエリンギ、平茸、ふくろ茸、きくらげを香ばしく炒めて旬のきのこの旨味をじっくりと染み渡らせました。

【右】豆腐の上海蟹煮込み(税込880円)、上海蟹ショーロンポー(税込480円)、上海蟹のあんかけちゃーはん(税込990円)
甘みのあるしっとりした身肉に、豊かなコクの蟹味噌をあわせもつ上海蟹。濃厚な旨味を3種の料理に仕立てました。

◆販売期間:2021年10月1日(金)~11月下旬(予定)
◆販売店舗:保土ヶ谷店、若葉台店、港南台バーズ店、ジョイナス店、小田急マルシェ町田店、ららぽーと横浜店、上大岡ミオカ店、センター南サウスウッド店

■グランドメニューのリニューアル概要
親子三世代で楽しめる食シーンの提供を目指し、横浜にちなんだ新メニューなどをラインナップに加えました。
また、麻婆豆腐は香りに重点をおいて改良し、たんめんとの相性を向上させました。
 
 
【左】文明開化の横濱オムライス(税込1,050円)
とろとろの半熟卵で具だくさんの炒飯を優しく包み、トマトケチャップの特製ソースで仕上げました。食べるとどこか懐かしさを感じる、中華オムライスです。

【中】5種の彩りショーロンポー(税込950円)
見た目にも楽しい、鮮やかな色合いの5種ショーロンポーです。白は豚肉、緑はほうれん草とえび、赤はピリ辛、黒は竹炭とカレー、黄は蟹味噌の風味を楽しめます。

【右】横濱モダン 飲むAnnin豆腐ミルクティー・横濱モダン 飲むAnnin豆腐マンゴー(共に税込490円)
人気の杏仁豆腐を、飲めるほどなめらかな「飲むデザート」にしました。スッキリしたマンゴー味と甘いミルクティーの2種類をご用意しております。

◆対象店舗:保土ヶ谷店、若葉台店、港南台バーズ店、ジョイナス店、小田急マルシェ町田店、ららぽーと横浜店、上大岡ミオカ店、センター南サウスウッド店
※店舗により、一部メニュー内容や価格が異なる場合がございます。

■「横濱一品香」について
1955年創業。横浜の野毛にて、わずか3坪、カウンター9席の小さなお店でスタートしました。現在、国内11店舗(2021年5月末現在)を展開。 創業の精神である「一品一品に真心を込めて最高の味に徹しよう」の下、名物「元祖横濱たんめん」は、横浜で半世紀以上愛されてきた逸品です。この伝統と味を守り続けると共に、「+&」の発想で、これからもお客様から愛される料理と食シーンを提供しつづけてまいります。
・一品香公式WEBサイト: https://www.ippinko.jp
 

一覧ページに戻る