株式会社イートアンドフーズ
製品研究開発グループマネジャー
平山 春奈

2013年入社

入社から今までのキャリア

入社後、約1年間、冷凍食品の企画に携わり、主に協力工場とのやりとりの窓口や自社への開発依頼・デザイン作成などを担当。
その後、前職でのレシピ開発の経験が買われ、商品本部の自社製品開発担当として配合を組むようになり、現職に。

私の仕事

現在の部署では、羽根つき餃子やぷるもち水餃子など自社冷凍食品のレシピ開発、外食向け元祖餃子のレシピ開発などに携わっています。

会社の看板商品の開発に携われていることはもちろん、普通のメーカーでは絶対に経験できない「冷凍食品」と「外食メニュー」の両方が全国で商品として販売されることは、開発者としてとても幸せなことですね。また、産学連携での研究開発、添加物フリーや機能性食品など長期プランでのシーズ開発、女性開発プロジェクト「DIP」でのコンセプト立案・商品開発など、マネジャーとして幅広い業務に携わることができ、やりがいがあります。

大雑把な性格ゆえに数々の大失敗を経験してきたことから、「仕事は丁寧に!」がモットー。商品のスタート地点に携わる仕事なので、商品ごとのアウトプット履歴(=開発の過程の中で発生した情報)をまとめ、原料やコストを逐一確認しながら業務を進めるように心がけています。また、「頭のネジを1本外すこと」も大切。商品のコンセプトを考えることが多い仕事なので、良い意味でくだけた発想ができるよう、頭を柔らかくしておくことにも努める日々です。

1日の流れ

工場での1日の流れ

  1. 8:30
    出社
    朝の掃除やメールチェックをする。
  2. 9:30
    工場の開発メンバーと部内ミーティング
    各担当者から試作の進捗状況を報告してもらい、業務が滞らないように指示を出します。
  3. 11:00
    試作品チェック
    昼食もかねて、メンバーの試作品を試食、確認します。
  4. 13:00
    サンプル試作
    工場の試作室で餃子の皮や具材を作ります。一番好きな業務ですね!
  5. 17:00
    片付け
  6. 18:00
    翌日分のレシピ作成、デスクワーク
  7. 19:00
    退社

オフィスでの1日の流れ

  1. 8:30
    出社
    朝の掃除やメールチェックをする。
  2. 9:30
    DIPミーティングへ参加
    女性メンバーで商品のアイディア出しやパッケージデザイン作りを行います。
  3. 12:00
    昼食
    仲の良い社員と外出することが多いですね!
  4. 13:00
    原料メーカーと商談
    開発の課題を原料メーカーの担当者に相談し、新しい素材を紹介してもらうなどします。
  5. 15:00
    新規提案、企画書作成
    DIPや研究開発はまず社内提案からスタートするため、パワーポイントで資料を作成します。
  6. 17:00
    大学の研究室へ往訪
    共同研究に関する打ち合わせを行います。
イートアンドの社風はどのようなものだと感じていますか?
社員の熱量が高い会社だと感じます。風通しが良いことはもちろんですが、役員の方々自身が社員を盛り上げて引っ張ってくれるため、「ついて行きたい!」と思う瞬間が多いですね。
入社からこれまでの間で、忘れられない思い出やエピソードを教えてください。
入社して間もない時期に、羽根つき餃子の立ち上げメンバーに入れていただいたこと。大きな設備投資を伴うプロジェクトでしたが、当時、右も左もわからず、周りのメンバーの会話を理解することすらできませんでした。チームの中で自分だけが新人で、何をすればよいかもわからない状態でしたが、ここで餃子のレシピや工程を必死に勉強したことが今につながっていると感じます。
休みの日など仕事以外の時間はどのように過ごしていますか?
自分の部屋で漫画を読みながら、猫と遊んでいます……(笑)。とはいえ、最近ゴルフを始めたので練習に行ったり、気になるお店に友達と飲みに行ったりすることもあります。
これから就職活動をするみなさんにメッセージをお願いします。就職活動をする上でのアドバイスなどもありましたらお願いします。
私自身、面接で背伸びした会社は全滅で、自分のことを素直に話した会社に内定をいただくことができました。まずは、希望業界にとらわれず、素直に「イイ!」と思える会社に出会えることが大切なのかなと感じます。私もここまで餃子漬けの毎日になるなんて思ってもいませんでしたが(正直、入社するまで大阪王将を知りませんでした……)、今では「もっと餃子を極めたい!」と勉強の毎日です。"ご縁"ってやはりあるんだと思います。